筑波山江戸屋トップ > 筑波山江戸屋の楽しみ方 > 江戸屋の歴史
ご予約・プラン一覧
お問い合わせTEL
江戸屋の歴史・フォトアルバム
寛永5年(1628年) 初代吉岡久左衛門が参詣客相手の宿屋を創業。
寛永9年(1632年)

三代将軍徳川家光により筑波山中禅寺の社殿が改築され、
多くの参拝客が訪れるようになる。

三代将軍徳川家光が建てた中禅寺の見取り図

明治5年(1872年) 廃仏毀釈により筑波山中禅寺取り壊される。
明治6年(1873年)

七代目吉岡由太郎が四階建ての洋式屋敷(オランダ屋敷)を完成させる。

四階建ての洋式屋敷画像

明治時代

十九代横綱 常陸山、明治42年5月19日御宿泊。
筑波山への登山には当館が用意させて頂きましたお弁当をお持ちになり、
大変満足していただきました。

十九代横綱 常陸山の画像

大正11年(1922年) 筑波山中腹までの自動車道が開通。
大正12年(1923年) 登山バス開通。
大正14年(1925年) ケーブルカー開通。
昭和初期

八代目吉岡謙吉により百畳大広間を建設。

百畳大広間画像

昭和18年(1943年) 学童疎開、特攻隊部隊宿泊。
昭和26年(1952年) 山本有三著「女の一生」発刊 江戸屋が登場。
昭和27年(1952年) 戦時中廃止されていた登山バス復活。
昭和30年代 九代目吉岡茂夫が、がまの油を考案、「がまの油売り口上」の普及に努める。
昭和初期~中期

北原白秋、横瀬夜雨ら宿泊。

書の画像

昭和中期

江戸屋は戦前・戦中・戦後と筑波山に御出になるお客様の温泉宿として
愛されてまいりました。

昭和中期の画像1

昭和中期の画像2

昭和44年(1969年)十月

皇太子殿下御宿泊。

皇太子殿下御宿泊時の画像

昭和60年(1985年)4月

昭和天皇陛下御来館。

天皇陛下の御言葉と画像

昭和63年(1988年)

杉の水使用オリジナル日本酒「筑波山江戸屋」発売開始。

日本酒「筑波山江戸屋」画像

平成元(1989年) 筑波山で初めての露天風呂オープン。
平成12年(2000年) 十代目吉岡昭文ら近隣旅館共同での温泉開発。
平成13年(2001年) 「筑波山温泉 双神の湯」開湯。
平成15年(2003年) 足湯を併設。
平成15年12月(2003年) 九代目女将吉岡久子がつくば市観光協会より
「がまの油売り口上第19代永井兵助」に認定される。
平成17年(2005年) つくばエクスプレス開通。
お問い合わせフォームへ ご予約・プラン一覧