筑波山江戸屋トップ > 筑波山江戸屋の楽しみ方 > ごあいさつ
ご予約・プラン一覧
お問い合わせTEL
ごあいさつ
筑波山季節のうた
秋・・・「赤とんぼ 筑波に雲は なかりけり」 正岡 子規
空は秋晴れで、遠くに見える筑波山の山の上には一片の雲もない
そんな空を一匹の赤とんぼが悠々と飛んでいる
[女将のひとこと]

明治時代、正岡子規が写実主義をとなえ、自分でも実行していた頃の名句です。東京の郊外を散歩しながら、野外の草木を入念に写生したりして俳句を詠んでいたそうです。ふと遠く筑波山を眺め、空を仰いで秋を感じていたのでしょう。俳諧においても、代表的な句として知られています。

 

冬・・・「冬ざれや 木々数うべき 筑波山」 与謝 蕪村

冬になって野の草や木などはすっかり枯れはててしまったが、
   見上げると筑波山も落葉して、木の数を1本2本と数えられるほどになってしまった

[女将のひとこと]

与謝蕪村は、江戸時代中期頃、9年に渡って結城市や下館市の友人宅を転々としながら、俳句を作っていたそうです。当時まだ無名だった彼は、筑波山を見たり、桜川のほとりをゆっくり歩いたりしていたんでしょうね。

 

冬・・・「雪は申さず まずむらさきのつくばかな」 服部 嵐雪
筑波山の雪景色が美しいことは言うまでもないが、それよりもまず春たちそめる頃の
紫にかすんだ筑波山の姿は、またとなく美しい
[女将のひとこと]

その頃の江戸は今のように空気がよごれていなかったのでしょうね。
町の中からでも純白や紫色、または緑鮮やかに彩りを変化させる筑波山をそのまま体験できたのだと思います。
後世の俳人たちはこの句をまねて、筑波山を「むらさきの山」と呼んだことがきっかけでやがて「紫山(しざん)」「紫峰(しほう)」と言うのが、筑波山の別名になったそうです。

春・・・「春立つや 見古したれど 筑波山」 小林 一茶

何度も何度も見て、今では見古してしまったけれど、

春が来るたびに筑波山は美しいものだ
[女将のひとこと]

こちらは一茶が、江戸時代後期頃に両国橋から詠んだ句です。筑波山をいつくしむ思いがあふれる歌ですよね。私のお気に入りの一句です!

 初夏・・・「筑波嶺に わが行けりせば ほととぎす 山びこ響(とよ)め 鳴かましやそれ」
(万葉集第八 高橋虫麻呂) 
筑波山にもしも私が行っていたならば、ほととぎすは山彦を響かせて鳴くだろうになあ
   あのほととぎすが
[女将のひとこと]

こちらは万葉集の「夏の雑歌」です。「つくばの山に登らざりしを惜しむ歌一首」と残されています。虫麻呂さんは登山しなかったことを残念がっているのももちろんですが、夏の代名詞であるほととぎすの鳴き声を聞けなかったことをとても惜しんで気持ちのようですね。以前、初夏に筑波山を訪れ、ほととぎすの声を印象的に聞いたのかもしれませんね。

お問い合わせフォームへ ご予約・プラン一覧