筑波山江戸屋トップ > 筑波山情報
ご予約・プラン一覧
お問い合わせTEL

  筑波山の四季 筑波山の名所 年間行事

筑波山の四季

春の筑波山

☆ご覧になりたいものがあれば、お気兼ねなくスタッフにお尋ねください☆

春霞 ひうちケ池

北条大池の桜
    ニリンソウ(キンポウゲ科)
名前からすると2個の花をつけるはずだが、実際は1個から3個の花をつける。 横に伸びる太い地下茎をだし、茎は直立して15cmほどで、根生葉は五裂し、暗緑色で白斑がある。花弁は五枚白色で先端が尖っている。 二輪は同時にではなく少しずれて先、朝開いて夕方閉じる。
    エイザンスミレ(スミレ科)
無茎性のスミレで、花時の草丈は3~10cm。夏には10~20cmにもなり、根茎は短くて太く、葉は根生し、深緑色で三裂するが、花期には外側の二つがさらに二裂し五裂状になり、夏葉は三深裂し、裂片の幅は広い。花は一株に1~3花 くらいつけ、白から淡い赤まで変化があり、かすかな佳香がある。
   トウゴクミツバツツジ(ツツジ科)
葉が三枚ずつ小枝についているのでこの名があり、ツツジの中では春早く咲き、まだ、葉が出ないうちに、花だけが枝いっぱいに咲く。 落葉低木で、丈は2mくらい、葉は枝の先に三枚輪生し、菱形に近い楕円形で質堅く、毛はなく平滑、花は赤紫色で2~3個先につき横向きに開く。
   キブシ(キブシ科)
斜面やガレ地に生える。黄色い花を咲かせる。花がフジの花のように下がるので黄藤(きふじ)からキブシに変化したと言われている。花言葉は出会い 。
     カタクリ(ユリ科)
二枚の葉を地上すれすれに対生し、上面は緑白色で紅紫色の斑点があり、裏面は光沢のある紫褐色。早春に葉の間から花茎を5~10cm伸ばし、淡紅紫の六弁花を斜め下向きにつける。花びらは咲くとすぐ上のほうへ反転するのが特徴である。
     ホシザキユキノシタ(ユキノシタ科)
ホシザキユキノシタは筑波山固有の山野草で、つくば市の花にも指定されている植物です。
このユキノシタは通称ミミダレグサの仲間で、花弁が退化してオシベと同じぐらいの大きさになり、まるで星の様に見えるのでその形をとってホシザキと名付けられたものである。



夏の筑波山

☆ご覧になりたいものがあれば、お気兼ねなくスタッフにお尋ねください☆

初夏 洞下

   イワタバコ(イワタバコ科)
岸壁に生える葉がタバコの葉に似ているためこの名がある。 多年草で、冬は葉が堅くまるまって越冬する。葉は10~50cmにもなり、ふちに鋸歯があり、表面にチリメンじわがある。八月頃、紅紫色の星形の花を数輪つける。
   コアジサイ(ユキノシタ科)
落葉低木。葉は、広だ円形~倒卵形で、長さ4~8cm、幅2~5cmになる。
先はとがり、ふちにはあらくてするどいきょ歯がある。花弁が5枚ある小型の青紫色の花を多数密生する。
   タマガワホトトギス(ユリ科)
日本特産で、温帯の深山や谷筋などの湿った場所に生育する多年草である。
草丈は高さ40~80センチになり、 葉は広楕円形、基部が心形で茎を抱く。花は夏に咲き、黄色で牧野富太郎説では これを山吹色にたとえ、山吹の名所、京都井手の玉川の名を借りたという。
   ヤマユリ(ユリ科)
地中には球を押しつぶした形の鱗茎があり、大きいものは直径10cmにもなり食用にする。茎は無毛で高さ1~1.5mにもなる。夏、鹿の子模様の入った白いはなを茎頂に1~数個つけるのが普通であるが、まれには20個近くつけるものもある。花には強い香りがある。
   タマアジサイ (ユキノシタ科)
ツボミが球形なのでこの名が付けられた。多年草で、丈は30~70cmくらい、葉は互生し、長楕円形で両端が尖り、ふちに鋸歯がある。 夏に密生した淡紫色の細花を開き、周囲に少数の飾り花がある。球形のツボミが少しずつ割れて、中から赤味がかった淡紫色の花が少しずつのぞいてくるときがもっとも美しい。


秋の筑波山

☆ご覧になりたいものがあれば、お気兼ねなくスタッフにお尋ねください☆

秋深く 風返し峠

   ダイモンジソウ(ユキノシタ科)
葉は地際から出、腎臓形または心臓形で、掌状に浅く裂ける。夏から秋にかけて、長さ10~30cmの花茎を出し「大の字」の白い花をつける。葉の形、大小、毛の多少、色彩などの変化が多い。
   紅葉
紅葉の盛りは11月中旬過ぎ。
ブナ、ミズナラ、フリハダカエデ等が赤に燃える。
マユミ、ツリバナ、ツルウメモドキの実が赤くはぜ、アケビ、ミツバアケビそしてサルナシの実も色づく。
   ヤマハギ(マメ科)
落葉低木。葉の先端はまるいかややくぼみ、両面に毛がある。
葉の付け根から葉より長い総状花序を出し、紅紫色のちょう形花を開く。豆果は10月ごろ褐色に熟すが、裂けない。花期は7~9月。
   アケビ(アケビ科 アケビ属)
アケビは落葉性のツル植物で、葉は、小葉5枚、全縁、無毛、質は薄い。
花は、淡紫色で総状花序。雌花は花序の基のほうに1~3個、雄花は花序の先の方に数個つく。花期は、4~5月。果実は、秋に熟し食べられる。


冬の筑波山

☆ご覧になりたいものがあれば、お気兼ねなくスタッフにお尋ねください☆

初雪 沼田

大和村より
   マルバクス
冬は常緑樹を見るのに良い季節である。
中腹の筑波山神社付近にはシイやカシ類、サカキやユズリハなど、またつる植物や草本でも常緑のものが多い。
特に拝殿右手のマルバグスはこの木が基準となって命名された記念すべき木として注目されている。


お問い合わせフォームへ ご予約・プラン一覧